工場長あいさつ


工場長日本人が初めてパンに出会ったのは、天文12(1543)年、種子島にポルトガル船が漂着した時で、鉄砲とともに伝来したと言われている。パンはポルトガル語の“Pao”に由来する。幕末、日本の防衛意識が高まり、保存と運搬に便利な兵糧としてのパンの価値が注目され、蘭学者・伊豆韮山の代官江川担庵は、邸内の窯でパンを試作した(天保13年4月12日)。このパンは無発酵パンであった。この日を記念して、パン業界では、毎月12日を『パンの日』と定めている。 徳川幕府の開港に伴い各国のパンが作られた。徳川幕府が軍隊の洋式訓練と造船所建設をフランスに依頼したこともあり、フランスパンがまず登場した。その後、明治政府を支持したイギリスの影響により、イギリスパンが主流となる。また、外国人向けホテルの建設により主食用のホテルパンが作られたが、パンが大衆に親しまれるようになったのは、明治3年、木村屋の開店による。『酒種』を発酵源とした『あんパン』の開発が有名である。 第1次世界大戦のシベリア出兵でロシアパンを知り、ドイツ人捕虜からドイツパンの製法を習った。その後、米国の影響が大きくなり、アメリカパンが支配的になった。第2次世界大戦後は、食糧難、特に米の絶対量不足を補う政策及び米国の占領政策もあり、栄養改善の第1目標は粉食の奨励であった。パン食による食糧栄養構成の改革に期待して学校給食パンが発足した。 第2次世界大戦後、昭和30〜40年代には米国の機械化合理化製パン技術の習得を果たし、昭和40〜50年代は機械化製パン製品の質的革新と欧風パンの導入による製品のバラエティ化に進み、平成年代に入って、冷凍生地利用による省力合理化の導入と発酵種利用による発酵風味志向の追及が模索され、更に、手作り志向の新業態への発展が散見されるに至った。不況に苦しんでいるとはいえ、成熟社会の仲間入りを果たし、豊かな食生活を享受している現在、日本の製パン技術・パンの種類と品質は、恐らく世界のトップクラスにあると言ってよい。